.

創設者 TM

はりこの人なしでは、BMは語れない。
BMの創設者で、モアのQといえばTKと肩を並べるほどのフレーム大好きプレイヤー。
チームBMは、彼のHP「
ペロリスト」でいつの間にか作られていた。


彼は仕事の都合で急遽ゲームを引退したが、その怨念は今も続いている。

モアの常連で構成されたこのチーム。
気がつけば職人集団として存在するが、そんなつもりはもうとうない。


伊予

一期生
ナゼ伊予がと思うだろうが、正真正銘 初代BMのメンバー。
幼稚園で教わった
「人の嫌がることをしてはいけない」という教えを完全に無視する反逆の使徒
「3rdはもういい」との一言でサラリとやめ、持ち前の才能でカプエスのトッププレイヤーに。


Y.S.B

二期生
称号「東の神」 ヒューゴ。
現BMの大将。
毎回勝手にチームを組み、当たり前のように
「チーム組んでおいたから」と言い出す。
いいことをしたかのように言い出す。
もし、それを拒否すれば、彼は静かに目を閉じ、斜め上を見上げる。
その、強制チームメイト構成を拒否できる人間は少ない。


TK

二期生
Qのトッププレイヤー。
ブロッキングをこよなく愛する。
霞朱雀は彼には効かない。
クソゲーがあると、すぐに手を出し、金モアが盛り上がっていたとしても、
とても姿勢のいいスタイルでモクモクと他のゲームをはじめる。
幼稚園で教わった「テレビを見るときは画面から離れるように」という教えを完全に無視する反逆の使徒
ラーメン二郎
の開拓者。
はじめは多くの人々が二郎という名の下にひれ伏すが、気がつけば
主食に。


杉山

二期生
ネクロ使い。
モアと学校が近かったということで、モアに入り浸る。
当時、有名人をほとんど知らず
ーツのヒューゴ=アイスマンを信じ戦っていた相手が、
Y.S.Bということをかなり後に知らされる。
コンボ、連携にしか興味を示さない廃人。
人が嫌がることを好んでする。

伊予曰く、「お前はオレと同じにおいがするんねん」
その通りである。



サワグチ

三期生
BM内、唯一の強キャラ・ユン使い。
気持ちが折れることが弱点だったが、最近やけに強気な
攻め発言を繰り返す。
なぜか、おいしいものを発見するのが得意。

Y.S.Bには全く逆らえない。
うるさい人間を完全に拒絶するのが特徴。


happy

三期生
アレク使い。
もち前の、調べるの大好きっぷりで
バーチャプレイヤーになった今でも3rdの腕は落ちない。
思った以上に
毒を吐く
3rdプレイヤーに多いーヲタの一人でもある。


ジマ

四期生
ダッドリー使い。
フランスだかどっかの欧州に
留学して帰ってきたらなぜかYSBが「神、神」と崇め奉りあげる。
プレイスタイルは完全なストロング。

自分さえよければいいとしか考えていなんじゃないかと思うほどのコークは見もの。
あまりの
ハイスピードマシンガントークにより、当時初めて話したサワグチがキレるという自然現象が起きる。


ピエロ

四期生
別名:オヤカータ
現レミーのトッププレイヤー。
ため
ゲージが見えてるんじゃないかと思うほど分割する。
たまに
肺炎などにかかり、人生までも分割できるほどのレミー使い。
好きなバンドは
Pierrot
今度は
大学も分割したそうである。


伝説のはやお

ナゾの5期生。
自ら廃人集団
BMに入りたがる恐怖の露出狂
最強ヒューゴ使い「はやお」と謳われていた現役を退き今は、「伝説のはやお」として君臨。
Y.S.Bがハンマーマウンテンの打撃系なら、はやおはギガスの投げ重視。

前ダッシュにギガスを合わされたとき、全てがわかるだろう。
あー本当に露出狂だなーと。
二郎部関西支部を担当しているらしいが関西に二郎好きは少ない。


K.O


BM2軍
全一ユン使い。
トップクラスの幸運の持ち主。全て運で何とかなると思ってる。
アメリカ遠征の時、彼が
「ラッシャイ」
という言葉だけで1週間を切り抜けたコトは語るまでもない。
結構、
内気で人見知り。


背中

5期生。
ビジュアル系池袋ユリアン。
関東外から来て、勢いに任せて池袋っぽくしたら案外イケた。
こんな外見に似合わず、
空気を読むことに関してはピカイチ。
自分が不利だ!と思った瞬間の彼の
強気な発言に注目したい。
金をうなるほど持っており、
寿司くらいならすぐにご馳走してくれる。
BMメンバーが暗がりで脱いだ靴を探しているとき、
1万円札を燃やし
「これで見えるようになったろ」と明かりを灯してくれた伝説は後世に語り継がれる。






inserted by FC2 system